資生堂オイデルミンの効果は?使い方は?140年愛され続けるロングセラー

20151017
資生堂オイデルミンは、
有名な会社のものでは
日本初の化粧水かもしれませんね。

オイデルミンには
高いほうもありますが、
私がずっと使っているのは
明治時代にデビューした、
500円前後のオイデルミンです。

パウダーだけの薄化粧なら、
これで拭き取って終わりにでき、
素顔にたまった皮脂やホコリを
とりあえず落とす
のにも使えます。

スポンサードリンク

伝統ある『オイデルミン』は拭き取り化粧水として使える

206204140
若い頃はおしろいくらいしか
塗らなかったので、
母の鏡台にあった
オイデルミンで落としていました。

昔はメイクの仕方もよく知らず、
パウダーを一日中塗って
肌がカピカピになっていたのに、
オイデルミンで落とすと
しっとりしてきたのを覚えています。

香りは少しレトロな
バラ系の香り
ですね。

お値段が手頃なのに、
ボトルがとてもゴージャスで、
使わなくてもメイクボックスに
入れておきたいです。

フルメイクすると、
さすがにオイデルミンだけでは
メイクは落とせないですが、
コールドクリームで
メイクを落としたあとの
ふきとりにすると、
さっぱり、しっとり肌に仕上がります。

スポンサードリンク

拭き取りだけでなくスキンケアとしても!

252235012
資生堂の基礎化粧品は、
化粧水だけでうるおいが長く
続く
ものが多いですが、
オイデルミンから
その伝統が始まっているんですね。

ふきとり化粧水としての
利用にとどまらず、
洗顔後のスキンケアにも
普通に使用します。

メイクせずお肌を休ませたい日は、
オイデルミンだけで過ごす日もあり、
それでも肌はかさついてこないですね。

200mlで500円前後、
たっぷり使える価格なので、
大きめのコットンにしみこませて
パックにすることもあります。

140年も前から
愛されている
こともあるためか
敏感肌の私でも、
アルコール入りのオイデルミン
肌荒れしたことはないですね。

明治時代に
オイデルミンを購入した人達は、
どんな思いで使っていたんだろう、
とボトルを見ながら
思いを馳せるのも楽しいです。

いまは、
保湿効果の高いBBクリーム
数ありますから、
オイデルミンで肌を整えたら
即、メイクできますね。

メイクまでの数々の手間を
省ける
のも助かります。

朝洗顔ができずメイクするときは、
どうしても化粧のりが
いまいちなのですが、
オイデルミンで拭き取った肌に
メイクすると
キレイにきめ細かく仕上がります

美容の基本にかなった永遠の定番化粧水

美容の基本は、
肌の汚れを徹底して
除去する
ことにある、
と思い出させてくれる一品です。

ただ、
最近売っているところが
減ってきたのが淋しいですね。

通販で買うか、
何本かまとめて近場の店で
取り寄せてもらい使っています。

華やかな空きボトル
捨てるのがもったいなくて、
一輪挿しになったり、
インテリアとして
部屋のあちこちに飾ってあります。

これは永遠の定番
しておいて欲しいですね。

スポンサードリンク

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です